神占風水 憑(つ)きモノ編

こんにちは。山里 洋です。

本日は、ご訪問いただき、誠にありがとうございます。

神占風水 憑(つ)きモノ編

今回は、憑(つ)きモノで病気になるのは何故か!?についてお話します。

憑(つ)きモノといえばキツネ憑き

憑(つ)きモノといえば、皆様は何を思い浮かべられますか?

有名?といえば変ですが「キツネ憑き」とお答えになる方が多いのではないでしょうか。

これはキツネや他の動物たちと、同じような仕草や行動をとる現象を表した言葉です。

動物たちの想念が影響

さまざまな要因が考えられますが、動物たちの想念が作用している場合が多いようです。

念は同じ種類の念を引き寄せます。

怨みの念には怨みの念が。

そうして怨みの念体となった動物たちが、怨みの力を増幅させる事で、キツネ憑きとなった者に狂態を演じさせるんです。

キツネ憑きという呼び方は古くなりましたが、今もその影響は続いています。

西洋でいう悪魔祓いも、この作用に対しての処置のひとつなんですね。

こういう( 念 )というものは、日常のふとした瞬間に心の隙間に忍び込んできます。

何か本能的に違和感がある!?、というような場所には近付かないようにしてくださいね。

それが引き金になる場合が多々ありますので、ご注意ください。

次回は、神占風水 先祖の悪因縁編(怨霊の祟り)

コメント

タイトルとURLをコピーしました