がんに親がなったとき…子どもへの支援は…!?


 
● がんに親がなったとき…子どもへの支援は…!?

おはようございます。山里 洋です。

一日の中での寒暖の差が、激しくなっていますね。

白浜でも朝晩は冷え込みますが、日中は車から湯気が出るほど陽射しが強力です。

体調管理には、お気をつけくださいね。

がんについて子どもたちに、どう伝えるかでも、心の差は歴然です。

親ががんになったとき、子どもにどう伝え、どう医療関係者が支援していくか。

これらを考える講演会が、東京で開かれました。

これは、厚生労働省の研究班と医師や臨床心理士などで作るグループが開いた講演会です。

東京都文京区の会場には、がん患者や医療関係者、約100人が参加。

講師は、アメリカはテキサス州の病院で患者の支援を担当する、ウェンディー・ハーファム医師。

ハーファム医師自身もがんになり、子どもに伝える際に悩んだという体験談を話されました。

「子どもは親の病気のことをちゃんと伝えないと、自分のせいで病気になったのではないかと不安になる。

これは世界共通の問題です」と。

そのうえで、ハーファム医師は呼びかけられました。

「子どもの年齢に応じて伝え方を工夫することが重要です。

できるかぎり早く伝えられるように患者の家族を支援してほしい」と。

また聖路加国際病院小児科の小澤美和医師は、こんなエピソードを紹介。

「がんになった親のことが心配で学校に行けなかった11歳の子ども。

きちんと医師が病状を伝えることで、不安を少なくし学校にも行けるようになった」と。

小澤美和医師は、さらに話されました。

「親ががんになった子どもの支援は、日本ではまだそれほど進んでいません。

2人に1人ががんになる時代なので、これをきっかけに活動をさらに広めたいです」と。

私も11歳のときに、父を胃がんで亡くしました。

入退院を繰り返していた父との想い出は、あまりありません。

がんだということは、母より知らされてましたが。

当時の私には、がんについての知識はなく、なんとかなる!?という楽観的な気持ちでした。

そして、突然の危篤の知らせ。

えっ………?

正直パニックでした。何がどうなったのか、よく覚えていません。

記憶は火葬される父を見送ったときにつながります。

私は少なくとも、がんや死については知らされていたので、これで済んだのかもしれません。

みな様も、お子様にはきちんと伝えてあげてくださいね。

突然のショックは、お心に深い陰を落とします。

お心の準備期間をつくってあげてくださいね。
 

お身体やお心を本当の健康にしてゆきませんか?

ヒーリングの知識や技術で健康へのサポートをさせていただきます。

お悩みや苦しみのご相談、ヒーリングはこちらをご覧ください。

うつやがん 難病を健康にするヒーリングメニュー

うつやがん 難病を健康にするヒーリング 山里 洋

東京や大阪、全国各地にお伺いさせていただいてます
和歌山県西牟婁郡白浜町3137-17 ハイツゆうゆ201号
営業時間 9:00~18:00

健康な心と身体を築く7つの理解
がんや難病ヒーリングメニュー
白浜へのアクセス
お客様のご感想
今月のご予約の状況
tel : 090-9713-4741

携帯やスマートフォンからは直接かかります。
(留守番電話へは、お名前ご用件をお願いします。)

 
和歌山.大阪.奈良.京都.神戸.田辺.海南.御坊.串本.勝浦.新宮.東京都内からもご依頼いただいております。

難病.癌(ガン).鬱(うつ).認知症.精神病.原因不明の病でお悩みの方。

山里 洋 の紹介

ヒーリングカウンセラー山里 洋です。 全国どちらでもお伺いいたします。
カテゴリー: がん(癌) タグ: パーマリンク

コメントを残す