エボラ出血熱の終息に6~9ヶ月 WHOの見解とは…!?

 
● エボラ出血熱の終息に6~9ヶ月 WHOの見解とは…!?

こんにちは。山里 洋です。

西アフリカではエボラウイルスが引き起こす感染症、エボラ出血熱の拡大に歯止めがかからず。

感染または感染の疑いによる犠牲者は、8月20日までの2日間で77人増えて、1427人に上っています。

西アフリカの国々に対する、エボラ出血熱に対する支援強化のため。

最も被害が大きいリベリアを訪れて、政府高官らと会談したWHOのフクダ事務局長補や、国連のナバロ調整官らは。

8月22日、首都モンロビアで会見を開きました。

このなかでフクダ事務局長補は、より多くの患者が適切な治療を受けられるように。

WHOとして、医療支援を強化する考えを強調したうえで、こう話されました。

「これまでの経験から考えると、エボラ出血熱の感染者が減るまでに今後6~9ヶ月はかかると考えるのが妥当だ」と。

WHOでは今後の具体的な支援の計画や、必要となる資金の規模について、取りまとめ作業を行っています。

会見ではナバロ調整官も、こう話されています。

「エボラウイルスの感染拡大を止めることはもちろん。

経済が成長軌道に戻り、社会の安定も取り戻せるよう、国連として支援を強化していく」と。

西アフリカの国々を支えていく考えを強調しました。

ウイルスに対する備えは、免疫力の向上が最も大事なもののひとつです。

免疫力の向上は、日々の食生活や生活習慣の改善で可能となります。

毎日の食卓や栄養のバランスなど、見直してみてくださいね。

がんや難病を安心へ。ご相談は無料です。

090ー9713ー4741
携帯からのお問合せ
PCからのお問合せ
 

お身体やお心を本当の健康にしてゆきませんか?

ヒーリングの知識や技術で健康へのサポートをさせていただきます。

お悩みや苦しみのご相談、ヒーリングはこちらをご覧ください。

うつやがん 難病を健康にするヒーリングメニュー

うつやがん 難病を健康にするヒーリング 山里 洋

東京や大阪、全国各地にお伺いさせていただいてます
和歌山県西牟婁郡白浜町3137-17 ハイツゆうゆ201号
営業時間 9:00~18:00

健康な心と身体を築く7つの理解
がんや難病ヒーリングメニュー
白浜へのアクセス
お客様のご感想
今月のご予約の状況
tel : 090-9713-4741

携帯やスマートフォンからは直接かかります。
(留守番電話へは、お名前ご用件をお願いします。)

 
和歌山.大阪.奈良.京都.神戸.田辺.海南.御坊.串本.勝浦.新宮.東京都内からもご依頼いただいております。

難病.癌(ガン).鬱(うつ).認知症.精神病.原因不明の病でお悩みの方。

山里 洋 について

ヒーリングカウンセラー山里 洋です。 全国どちらでもお伺いいたします。
カテゴリー: ウイルス タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です