口腔がんが30年前の3倍!!舌がんに至る前兆現象とは…!?

Pocket

 
● 口腔がんが30年前の3倍!!舌がんに至る前兆現象とは…!?

こんにちは。山里 洋です。

昨日も白浜は、太陽にジリジリと焦がされ。

北海道では「フェーン現象」で33.7度。

ことし最高の暑さに。

関東では「ひょう」が大地をたたき。

おかしな天気がつづいています。

しばらくは暑い日がつづきます。

熱中症には、くれぐれもお気をつけくださいね。

こちらでは口腔がんの増加がつづいています。

原因不明で舌の縁や頬粘膜などが、白くなる白板症。

原因不明で口の中に、紅斑が出る紅板症。

これらは、口腔がんの前がん症状とされるものです。

最初はほとんど無症状ですが、白板症で7~14%、紅板症では50%以上の確率でがん化します。

欧米では歯医者さんでの診察で、口腔がんの早期発見が生存率の改善につながっています。

しかし日本では、この30年で口腔がんの方が3倍にも増加。

しかも進行がんが多く、早期発見がカギとなっています。

口腔がんは年間約6000人の方が新たに発症し、約3000人の方が亡くなられています。

口腔がんの、主ながんは舌がん。

舌がんのほかには、こんながんがあります。

・舌と歯肉の間にできる口腔底がん
・口の上側にできる硬口蓋がん
・頬粘膜がん
・歯肉がん

がん全体における、口腔がんの割合は2~4%。

がんの中では、少ない分類だといえます。

また口の中の病気は、虫歯や歯周病だけだと思われているため、早期発見が遅れるケースが目立ちます。

昭和大学歯科病院口腔外科の、新谷悟教授は話されます。

「口腔がんの前がん病変として、白板症や紅板症があります。

白板症は特定の原因がなく舌の縁や頬、歯肉などの一部が白くなるもので。

7~14%の確率でがん化する病変です。

口の粘膜の一部が紅色になるのが紅板症で。

がん化する確率は50%以上と高率なので注意が必要です」と。

言葉や呼吸に食事。

毎日使っている大事なお口。

ふだんとは違う変化をかんじられたら、口腔がんの前兆かもしれません。

行きつけの歯医者さんに、ご相談くださいね。

最近のがんに関する記事。

がんの栄養源!?がんになると急に食べたくなるものって…!?
 

お身体やお心を本当の健康にしてゆきませんか?

ヒーリングの知識や技術で健康へのサポートをさせていただきます。

お悩みや苦しみのご相談、ヒーリングはこちらをご覧ください。

うつやがん 難病を健康にするヒーリングメニュー

うつやがん 難病を健康にするヒーリング 山里 洋

東京や大阪、全国各地にお伺いさせていただいてます
和歌山県西牟婁郡白浜町3137-17 ハイツゆうゆ201号
営業時間 9:00~18:00

健康な心と身体を築く7つの理解
がんや難病ヒーリングメニュー
白浜へのアクセス
お客様のご感想
今月のご予約の状況
tel : 090-9713-4741

携帯やスマートフォンからは直接かかります。
(留守番電話へは、お名前ご用件をお願いします。)

 
和歌山.大阪.奈良.京都.神戸.田辺.海南.御坊.串本.勝浦.新宮.東京都内からもご依頼いただいております。

難病.癌(ガン).鬱(うつ).認知症.精神病.原因不明の病でお悩みの方。

山里 洋 の紹介

ヒーリングカウンセラー山里 洋です。 全国どちらでもお伺いいたします。
カテゴリー: がん(癌) タグ: パーマリンク

コメントを残す