卵巣がんに新しい治療法!?がん治療に期待されるその細菌とは…!?


 
● 卵巣がんに新しい治療法!?がん治療に期待されるその細菌とは…!?

こんにちは。山里 洋です。

白浜は昨夜から、また雨がパラついてます。

今日も一日、雨の予想です。

最近、雨が多いですね。^^;

雨の分だけ春が近づいていると思えば、また一興ですね♪

そんな中、卵巣がんの治療にも春の訪れが期待されています。

男性にはなく、女性にとっては特別な臓器の子宮。

子宮の病気は、とても深刻です。

子供の出産にも関わり、夫婦生活にも影響します。

女性にとっては、とっても辛い病気の一つです。

日本では年間8000人の方が、卵巣がんになられています。

卵巣がんは初期症状がないため、気がつくのが遅れる「がん」です。

わかったときにはかなり、がんが進行している人が多くおられます。

ある63歳の女性の場合、便秘と思っていた程度でしたが。

診断の結果は卵巣がんが巨大に膨れて、子宮やリンパ節にも転移していました。

手術で目に見える範囲の、がんは全て切除し抗がん剤治療を開始。

しかし術後3ヶ月で、がんが再発。

その後は、がんの増殖が止まらず、もはや打つ手がない状態でした。

そこで最終の選択として、ジフテリア菌の治験を受けることに。

がんの治療を受けもったのは、福岡大学病院産婦人科の宮本新吾医師です。

ジフテリア菌を投薬して3週間で副作用があり、投与薬の半分で中断。

検査の結果は…なんと!!がんが縮小していました。

この女性の場合、その後抗がん剤と放射線治療を再開し、一時的にがんが消滅したそうです。

(現在は再発し、継続治療中のようです)

この新しい治療は、ジフテリア菌による治療です。

ジフテリア菌は、がんを増殖させるタンパク質を減らす効果があり、がんを増殖させません。

さらに、がんそのものを死滅させる効果が期待されています。

現在は、第1相臨床試験の段階で11人の治験の結果。

・標的タンパク質の減少が7人
・腫瘍マーカーの減少が2人
・がんの縮小が1人

ジフテリア菌による、がんの治験は福岡大学病院を含め、全国5つの病院で行われています。

3年~5年後の承認を、目指しておられます。

効果的な治療法が確立されて、がんで苦しまれる方が減ってゆかれればいいですね。
 

お身体やお心を本当の健康にしてゆきませんか?

ヒーリングの知識や技術で健康へのサポートをさせていただきます。

お悩みや苦しみのご相談、ヒーリングはこちらをご覧ください。

うつやがん 難病を健康にするヒーリングメニュー

うつやがん 難病を健康にするヒーリング 山里 洋

東京や大阪、全国各地にお伺いさせていただいてます
和歌山県西牟婁郡白浜町3137-17 ハイツゆうゆ201号
営業時間 9:00~18:00

健康な心と身体を築く7つの理解
がんや難病ヒーリングメニュー
白浜へのアクセス
お客様のご感想
今月のご予約の状況
tel : 090-9713-4741

携帯やスマートフォンからは直接かかります。
(留守番電話へは、お名前ご用件をお願いします。)

 
和歌山.大阪.奈良.京都.神戸.田辺.海南.御坊.串本.勝浦.新宮.東京都内からもご依頼いただいております。

難病.癌(ガン).鬱(うつ).認知症.精神病.原因不明の病でお悩みの方。

山里 洋 の紹介

ヒーリングカウンセラー山里 洋です。 全国どちらでもお伺いいたします。
カテゴリー: がん(癌) タグ: パーマリンク

コメントを残す